1歳児健診は必要?目的とメリット・健診内容まとめ

1歳児健診の目的とメリット・健診内容をまとめました

なん語を話す赤ちゃんのイラスト

「つい2~3ヶ月前に10ヶ月健診終わったのに1歳の健診は必要なの?」

と思っているママも少なくないと思います!

そこで今回は1歳児健診はどんな目的で診てもらうものなのか、どんな健診内容なのかをまとめました!

1歳児健診目的とメリット

歩き始めた赤ちゃんのイラスト

目的

まず、1歳児健診とは「1歳児健康健診」の省略です。

検診と間違いやすいのですが検診は病気かどうかの検査ですので健診とは異なります。

1歳児健診の目的は発達や乳歯の生え方の確認、必要な予防接種の確認、疾病の早期発見などを診てもらいます。

他にも運動機能・手足の発達~言葉の発達など。乳児から幼児に移行する1歳児を持つママの気になる項目も診てもらえます。

1歳前後になると体格の差・出来る動作の差がついてきます。

体重も7~10kg程の差があるので子ども達の発達のペースもそれぞれですし、栄養士による離乳食の相談や確認、栄養が足りているか、足りてないのかなど相談し、足りてなければフォローアップミルクなのか、牛乳なのか今までと同じミルクでいいのか、など細かく診てもらえます。

メリット

出産報告のテンプレート「動物の赤ちゃん」

1.記念すべき1歳の身体記録をしっかりママが記録できる

1歳健診で生まれたときと同じように細かい身体測定に様子を言葉にしてしっかり記念・記録をするいい機会になります!

2.じっくり医師に診てもらうことが出来る

集団健診とは違い小児科の医師としっかり話しながら見てもらうことが出来ます!

個別に小児科で行うので普段の小さな悩み・不安も気軽に質問しやすいですね。

3.予防接種の予約と一緒に見てもらえるところも◎

予防接種と一緒に予約できるところもありますので機会も作りやすいです。

1歳児健診の受診方法

1歳児健診は受けたい!というママが確認することをまとめました。

一升餅を担いでいる赤ちゃんのイラスト

▽1歳児健診は【任意】

1歳児健診は必ず受けなければならない!なんてことはありません。

ただし、市区町村によっては義務化されているところもあります。

その場合は市区町村から知らせが届きます。

▽費用

【義務化】無料

【任意】医療機関では費用がかかります。平均3000円だそうです。

身体測定のみでしたら大体の地域の子育て支援センターや市役所、福祉施設などで測定することが出来ます。

▽どこで健診できる?

【義務化】1歳前にお便りが届き、案内が記載されています。

【任意】小児科などの医療機関

▽必要なもの(任意)

母子手帳、医療機関の診察券、健康保険証、乳幼児医療証

乳幼児健診の無料受診券(あれば用意しましょう)

+いつものお出かけグッズを忘れずに持ちましょう!

1歳児健診の診察項目

1歳児健診って身体測定のほかには何するのか把握していないと思いますのでお話します!

ボタン電池を誤飲しそうな赤ちゃんのイラスト

▽内蔵機能の確認

聴診器を使って、心臓、肺、呼吸器官、お腹の音を確認してもらいます。

余談ですか、聴診器を当てることを「もしもしする」って誰が言い出したんでしょうね。

▽筋肉の発達の様子を確認

つかまり立ちや伝い歩きなど脚の筋肉の発達・バランスが取れているかを確認します。

▽言葉・動作の発達の確認

1~2語真似できるかどうかを確認します。

真似が出来なくても問題ありません。

言語を発するのに必要なのは「時間」ではなく「経験の数」だからだそうです。

人が1語発するためには100語吸収しないとアウトプットできないといわれています。

大人が発した言葉に反応できているようなら問題はありません。

周囲への関心度やどんな遊びをしているかも確認します。

▽離乳食の進み具合の確認

1~1歳半は離乳食完了期。そろそろ離乳食仕上げです。

仕上げ方のアドバイスをもらったり、まだミルクが必要かどうかを確認します。

母乳の断乳の相談しても良いですね◎

目安としては1日の栄養の半分以上・1日3回以上を離乳食から摂れていることが目安です。

▽予防接種の確認

定期的に予防接種を受けられているか確認します。

▽補足

気になっている小さな悩みや、不安に思っていることは日ごろメモしたり付箋に書いたり、スマホのアプリを使ったりして訊きたい事はメモしておきましょう。

1歳になったら受ける予防接種

10ヶ月には一通り予防接種が終わっていますね!

忘れずに1歳からの予防接種も受けましょう!

1歳でかなりしっかりしてきたとはいえまだまだ感染症に弱い赤ちゃんです。

熱を出した赤ちゃんのイラスト

●MRワクチン

=はしか、風しんを予防します。

●水痘―すいとう

「水痘 とは」の画像検索結果

=帯状疱疹ウイルスの感染症の1つで一般的にはみずぼうそうとも知られています。

これらを予防します。

●おたふくかぜ

=感染すると12~25日の間ムンプウイルスが潜伏し、高熱が出る、高熱ではないが子どもが耳が痛いと訴える、耳下腺が腫れ、顔が腫れるなどの症状がでます。

潜伏期間が長いためいつどこで感染したのか分からないことがほとんどです。

忘れずに予防接種を受けましょう。

これらの予防接種と一緒に1歳児健診を予約できるとマストですね!

赤ちゃん

Posted by sasakoma_cnm